先日ご案内致しましたDove&Oliveさんの眼鏡ケース(兼ペンケース)のワークショップのご案内です。


Dove&Oliveさんで多く使用されている革を使用して作る本格的な眼鏡ケースを手縫いして作り上げるワークショップです。

当日までの間に、リョク店内で実物のサンプルを展示していますので、気になる方はぜひお手にとってご覧下さい。


しっかりした立体がキープされるので、眼鏡を入れるのに本当に丁度良い感じです。

Img_b09f0debdef34895c943ddc81be20fdc
そして、通常のペンサイズのものならキチンと収まるサイズなので、
普段眼鏡を持ち運びしない方にはペンケースとしてお使い頂けるかと思います。


開催日は
①6月22日(金)10時~12時30分 定員5名(ただし車の台数により増えることもあります)

②6月23日(土)10時~12時30分 同上


の2回を予定しています。

どちらかご都合の良い日をご予約下さい。

ご予約は以下のフォームをコピペして頂き、メールかお電話(お電話は水曜日11時~)にてお申込み下さい。

インスタグラムのダイレクトやコメント、FBのメッセージは使用できませんので、メールにてお願い致します。

記入漏れの無いようにお願い致します。

なお、お友達同士のご参加の場合の注意事項です。

☆駐車場に限りがあるため、お乗り合わせでお越し下さると助かります。

☆お1人の方のキャンセルに、合わせてお友達もキャンセルということはなるべく避けて頂けるとありがたいです。

少人数制のため、ご協力を何卒よろしくお願い致します。



Img_918b755c801b03df853de0cf8d957ea0
ワークショップの詳細です。

日時 ①6月22日(金) 10時~12時半
   ②6月23日(土) 10時~12時半  どちらか一方をお選び下さい。

定員 各5名程度(車の台数が5台まで)

参加費 6900円(税込・材料費・講習費・お茶菓子代含む)

持ち物 なし


お申込みはメールかお電話にてお願い致します。(お電話は水曜11時より受付、メールは随時受け付けています)


メールの際の記入事項(コピペしてお使い下さい)

1)お名前(代表者)
2)参加人数 (複数の場合皆様のお名前もお知らせください)
3)参加予定日 (①22日金曜 or ②23日土曜 いずれかご記入下さい)
4)車の台数
5)ご住所(代表者のみ)
6)お電話番号(代表者のみ 緊急時にのみ使用します)
7)メールアドレス(代表者のみ)

メールの送り先  ryoku(at)green.megaegg.ne.jp    (at)を@に変えて送信してください。


お申込みが完了しましたら、2日以内にリョクから必ず返信メールを差し上げます。
もし、届かない場合はメールの不着も考えられますので、リョクまでご一報くださいますようお願い致します。


Dove&Oliveさんとともに普段使いの楽しめる眼鏡(ペン)ケースを作ってみませんか。

皆様のお申込を心よりお待ち申し上げております。

Img_4dc89192f5ffe71e4e07c35bf45d28b5
本日2度目の投稿です。↓に入荷情報も載せていますので合わせてご覧ください。



2015年の9月に「旅の支度 旅の風景展」と銘打って開催致しましたDove&Oliveさんとお仲間の方たちとの企画展。

あれから4年が経とうとしています。4年も経つなんて気がしませんが・・・・。

6月20日(水)~23日(土)の4日間、Dove&Oliveさんの受注会&ワークショップを開催する運びとなりました。

前回の旅の風景展とは違って、オーダーを受ける(もしくはその場でお買い上げできるものもご用意しています)ことがメインとなりますが、見本やその場でお買い求めいただけるものも沢山お持ち下さる予定なので、全部ではありませんが実物を見ていただるように致します。

オーダーするのにも全く現物がなければ想像もしづらいと思います。

そして当日はDove&Oliveの小野さん(もしくはスタッフの方)も在店してくださいますので、お気軽にご質問等してみて下さい。



その前に、本日より当日まで、リョク店内でDove&Oliveさんのカタログ見本を展示致します。

このカタログやネットから色々とDove&Oliveさんの作品をご覧頂き、当日までにイメージがいくらか沸いてもらえるようにお手伝い致します。


ちなみにですが、このカタログ、Dove&Oliveさんのバッグ等にメインで使われている革が表紙となって非常にかっこいいです。
Img_acdb6c614f85a5d5e44d87cdd8c8ecfa
Img_b83e2e9eb495a620492898a284e87b02
この6月20日~23日(土)の間にご注文頂きましたら(前払いとなります)、4か月後にはお渡しできるよう、制作に入ります。

出来上がり後はリョクからご連絡しますので、ご足労をおかけしますがリョクまで受け取りをお願い致します。


Dove&OliveさんのHPはこちら→ (Click!) 


リョクから車だと5分程度の近さのところに工房を構えるDove&Oliveさん。
私が自宅に帰る道すがらにあります。

男性が作る革のものではありますが、女性にもしっくりくるそのデザインと恰好良さ。
丁寧に時間をかけて作られるその革のものは小野さんのシンプルな個性と飽きがこないデザインです。
バッグの中やお財布の中をあけると、小さなポケットには物の出し入れがしやすいように膨らみがあったり、使い勝手の良さも試行錯誤して追及されているんだな、と小野さんとお話するたびに感心しています。

お使いいただいた後のケアもしっかりして下さるので、安心してお使い頂けます。

以下の画像は15年9月の企画展の風景です。小野さんにディスプレイをお任せしたので、小野さんの感性が存分に見て頂けるかと思います。



Img_7a3670b97919e26fd62bbe3944cdfe49
Img_7f7dc867dfddb8da7e537e56706e40b2
Img_afd6bc6f7e2dd5eb4650059c4f9731b0
そして今回、初の試み。

「ペンケースにもなる眼鏡ケースをつくる」ワークショップです。


Dove&Oliveさんが通常使っている革で、立体感のあるしっかりした眼鏡ケースを作ります。

見せて頂いた時、ワークショップでこれだけのクオリティのものをつくることができる、というのはそうないと思いました。

眼鏡を保護するための立体感もしっかりしていて、非常にいいものが出来そうです。

眼鏡を通常使われない方でも、ペンケースとしてもちょうどよいサイズですので、ぜひご検討下さい。

ワークショップは6月22日(金)23日(土)の両日10時~を予定しています。

詳細は近日中にUP致します。
Img_c24d3a83a117d989dcd193f876e84440
ぜひお楽しみにお待ちください。
日に日に暑さを感じる季節となりました。
リョクの店内もようやく温まり、GW以降もまだ寒い寒いーと言っていたのが嘘のようです。


さて、毎年この時期に入荷する熊本の高光太郎さんの銅のちりとりと、その他ミニ箒類が入荷しました。


過去にはリョクで個展も数回してもらい、長いお付き合いの高光さん。

それ以降もずっとこの銅のちりとりとPC用のブラシとおろし金用のブラシは定番で置かせてもらっています。

欠品続きだった銅のちりとりも無事に入荷しました。
Img_b63271626fdb7c7debe2b1a8cf13e4b4
Img_fb72a3da91f0ed5a6a671859a2061c93
Img_eec2e71a395b3030e5ef01f1e7e4dc5a
ずっと定番で置かせてもらっているのにはワケがあります。

私もかれこれ6.7年は店内の掃除用に使っているちりとり。

1枚目の画像の中の一番上部にある赤いちりとりがその使用歴6.7年のちりとり。
びくともしていませんし、大きな汚れも特にありません。


地面に置いた時にちりとりと地面の接地面に隙間がなく、そしてこのちりとり自身が手を使わなくても自立しています。意外とこのポイントを兼ね備えているちりとりは少ないような気がしていますので、優秀なちりとりです。

店内の砂や土も、ちりとりの角度を手で抑えて変えずとも箒で掃くだけで綺麗に収まってくれます。
これは個人的になかなか重要ポイントだと思っています。

そして使い勝手の良さだけでなく、壁に掛けてとてもかわいく収納できるというのがさらにポイントです。

Img_1ff55c75d7f01fb6e41bd54812bdb68c
Img_3bc7827e75e36077a215262864d40b1a
こちらも定番ですが、パソコンのキーボードなど隙間の狭い所のための箒も入荷しました。

キーボードだけでなく、窓のサッシの溝など「隙間」のお掃除に役立ちます。

こちらも使う頻度の高いところのそばで、ひっかけておいてもかわいいので使おうと思う時に便利です。
Img_34a3707b5badfea87cdfcd80c66b5c92
最後に、おろし金用ほうき。

小さなおろし金でちょっとだけショウガやニンニクをおろした時、目に繊維が詰まって困ること、多々あるかと思います。

このブラシでショウガ等をササっとすればほぼ取れます。

そして、このまま水道でこのブラシで擦りながらおろし金を洗えば、100%簡単にきれいになります。

小さな道具ですが、日々の火事の小さなストレスを軽減してくれる優れた箒です。


家事のおともにいかがでしょうか。


お弁当を作り始めて約1カ月。
日々の「足りない」コールにゴハンをギュウギュウにつめるようにしていったらかまどさん3合炊きでは足りなくなりました。

ついに5合炊きかまどさんデビュー。

おそらく7.8年愛用の3合炊きは仕舞い、今晩からは5合炊き。

3合炊きより画像以上に大きく感じ、重量も重い。幅は大きく変わらないけど深さがあってコロンとしてます。

目止めでお粥を炊き終わって冷まして乾かしたら今晩から登場予定。

毎日旅館のご飯のような美味しさを簡単に食べられる。
予約タイマーを使うとかはできないという唯一の欠点はあります。

私の場合、それ以上に美味しさの方が優って7.8年これのみでご飯を炊いています。

次の日のご飯もとっても美味しいし。

リョクにも在庫は1点だけあります。

炊き方もズボラな私でも簡単に使える土鍋です。
気になる方はお気軽にお尋ね下さい。
Img_4c353d96d7000dc882b91bed0211ddac
急遽開催しました木全俊吾さんの表札、家具の相談会は無事に終了しました。

急遽にも関わらずお越し下さった方、ありがとうございました。


また次回は夏休み頃となりますので、近くなりましたらご案内致します。


さて、木全さんのご来店に合わせて、木全さんの新作が入荷しました。


まずは「栗ボウル」。

1枚の板をろくろを使わず、全て手で彫って形作ったボウルと名の付いた器です。
なかなかの厚みの板と思われるので、これだけの大きさを彫っていくのには相当な時間がかかっただろうなと思います。


どちらかというと深さはそれほどないので、サラダやパン、おにぎりや果物、パスタといったものをのせて、個性豊かな食卓になるという印象です。
1枚あったら食卓が華やかになりそうです。



Img_56b8cf1a86cea17f4595ee090fd29722
Img_96a3d80dd44275417ecf4eacc982d7f8
そして、さらに個性豊かなプレートトレイ(栗)。

木全さんのお宅ではこの縞々の凹凸の部分にホッケをのせたりもするそうです。

焼き魚が意外にあう、と聞いて、本能的に面白い!と思いました。

ホッケではなくてもパンと何かをのせて、縞の無い部分には画像のようにマグカップをのせて
朝食トレイとしてもかわいいと思います。


さすが木全さんと思えるものが入荷しました。
ぜひ、合わせて店内でご覧ください。(木全さんの作品は通販ができませんので)
Img_a313c4c399846628bdbf114fcbd1e90f
Img_2e2d375585167b6e5473a5d023823001